« Warten Sie ein kleines bisschen! | トップページ | Er singst Tenor »

2007.07.18

Was?

「なんでござんしょ?」という表情の白文鳥ヴァル。
籠の上からパチリ。ごめんなさい、ピント甘いです。
早く私専用のデジカメを購入しなければなりません。

今日はお風呂場で上から弱めのシャワーで強制水浴後、
ベランダに出しました。少し肌寒かったけれど雨ではないし、
部屋の中より羽が良く乾くと思ったからです。
最初はきょろきょろしていましたが、落ち着くと餌を啄み、
(まずは、何をするにしてもごはん、というところがこの子の
第一の特徴です)、それから雀に反応しずっと歌っていました。
雀の鳴き声ほど単調じゃなく、耳をすましていると
色々アレンジしている最中のようです。。

ヴァルの名前の由来は、このBlogTytleでもある「Die Walküre」、
つまりワーグナーの「ワルキューレの騎行」です。
ワーグナーファン故つけた名前です。
雌だったらローエングリンの「エリザ」でも良かったかな、と
主人は言いました。。。。私の好みは、マイスタージンガーの
「エーファ」だけどなあ。。

それはさておき、どんな音楽が好きかな、と
試しに主人のクラシック名曲集CDを流してみました。
ワルキューレの騎行は第一曲目。
声を張り上げてずっと歌いつづけています。なんか凄い。
たまたま歌いたい時に聞こえてきたから反応したのかも
しれない、と日を改めて流したところ、反応は同じ。
とにかく大声で歌い上げます。それも、最初から最後まで。
何か琴線に触れるものがあるんでしょうね。
名前の由来だからでしょうか。

次の曲がマスネーの「タイスの瞑想曲」でしたが、これには
うんともすんとも言いません。完全に無視しています。
何度やっても同じ反応です。
静かな曲はお嫌いなのね。
性格に合っているといえばそうなんですが。



« Warten Sie ein kleines bisschen! | トップページ | Er singst Tenor »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431936/7193079

この記事へのトラックバック一覧です: Was?:

« Warten Sie ein kleines bisschen! | トップページ | Er singst Tenor »