« ヴァルです | トップページ | Was? »

2007.07.17

Warten Sie ein kleines bisschen!

ヴァル、様子を伺いつつ出ようとしません。

もっと手を近づけると逃げ回り、逃げ切れないと知ると
親指の爪に噛み付きます。そんなにきつくはないのですが。
目にした飼育本で、爪が他の鳥の嘴に見え、威嚇されていると
感じると書いてありましたが、そうかもしれません。
親指を隠す或いは掌にぴったりつけて差し出せば、
消極的ですが、飛び乗ってくれるようにもなってきました。

掌から這わせて、腕にも登りますが
じーっとして、余り動きません。そしてふんふんをしてくれます。
何かというとすぐふんふんです。
主人はシャツに命中されて、泣きながら洗っていました。

我が家へ来て今日で9日目になりますが、僅かながら
慣れてきているのではないかな。
人間嫌いと思いそうになるほどでしたから、
この連休で少し進歩したような気がします。

この子は日中、ベランダの外でピチュピチュいう雀の声に
負けじと囀っています。
昨日、晴間が見えたときに日光浴させていたら
屋上から一羽の雀が様子を伺っていました。
文鳥も雀の仲間だからでしょうか。鳴き声が似ているからでしょうか。
白文鳥じゃなくて、シナモン文鳥だったら色も近かったしね。


« ヴァルです | トップページ | Was? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431936/7178331

この記事へのトラックバック一覧です: Warten Sie ein kleines bisschen!:

« ヴァルです | トップページ | Was? »